ヒフミドとインナードライ(乾燥性脂性肌)について

小林製薬の化粧品ヒフミドは、乾燥した肌にセラミドを補って潤いを保持してくれると話題のスキンケアアイテムです。

 

 

小林製薬のヒフミドは有名だし一回は使ってみたいと思ってるけど

  • インナードライ(乾燥性脂性肌)でも使える?
  • 肌に合わなかったらどうしよう

など自分の肌に合うかどうか気になる方もいると思います。

 

そこでここではヒフミドがインナードライ(乾燥性脂性肌)でも使えるかどうか?インナードライとはどのような状態の肌なのかからお伝えしていきたいと思います。

 

ヒフミドはインナードライ(乾燥性脂性肌)でも使える?

主なインナードライ対策は、保湿過剰に分泌してしまった皮脂への対策の2つになります。

 

このことからヒフミドはインナードライ対策に使えるという事になります。

 

インナードライとは?

 

 

インナードライ(乾燥性脂性肌)は、肌の表面は皮脂でべた付いているのに、肌の内部が乾燥してしまっているという複雑な状態の肌を指します。

 

肌の表面が皮脂でべた付いているので、脂性肌と勘違いされる方も多いと思いますが、脂性肌とインナードライは皮脂の分泌が過剰になる原因が違います。

 

脂性肌とインナードライ

脂性肌の場合は生活習慣の乱れや間違ったスキンケアなどが原因で起こる事が多く、インナードライの場合は乾燥肌が酷くなり、肌の水分の蒸発を抑えるために皮脂が過剰に分泌される状態になります。

 

同じ様にがベタ付いている状態でも、脂性肌とインナードライでは対策の仕方が違います。脂性肌を対策をしてもインナードライは改善されません。

 

インナードライ対策

インナードライ対策はどのようにすればいいか。

 

肌の内部が乾燥していて、肌の表面がべた付いているインナードライ。根本の原因は乾燥なので、乾燥肌と同じく保湿が大切になってきます。それと同時に過剰に分泌している皮脂の対策も必要になってきます。

 

インナードライ対策⇒保湿と皮脂への対策という事になります。

 

保湿

 

 

ヒフミドシリーズは全ての化粧品にヒト型セラミドが配合されています。

 

保湿にはセラミドがかなり重要なんです。
セラミドの保湿効果をもっと詳しく知りたい方はこちら
ヒフミドエッセンスクリームの効果とは?セラミドパワー全開!?

 

ヒフミドはクレンジングや石鹸、化粧下地にまでセラミドが配合されていて、肌の水分をがっちりキープしてくれます。

 

インナードライで乾燥している肌内部(角質層)まで保湿ケア出来るんですね。

 

この様にヒフミドシリーズは、ヒト型セラミドでの保湿に特化した化粧品と言えます。

 

皮脂への対策

 

ヒフミドクレンジングはミルクタイプの優しいメイク落としで、肌への負担を少なく汚れや化粧を落としてくれます。

 

 

クレンジングは化粧の油分を落とすものですが、セラミド(細胞間脂質)も脂なんです。よく落ちるからと言って洗浄力が強いメイク落としを使うと、大切で貴重なセラミドも一緒に流れ落ちてしまいます。

 

セラミドが足りなくなった肌が乾燥してしまうのは当然ですよね。

 

 

ヒフミドソープ(洗顔石鹸)は泡立ちが良く、キメの細かい泡で皮脂などの汚れをやさしく洗い流してくれます。

 

 

ヒフミドクレンジングやソープは皮脂をやさしく洗い流しながら、同時にセラミドも補ってくれます。

 

 

ヒフミドシリーズでは皮脂を落とし過ぎない様に、やさしくクレンジングや洗顔するという皮脂対策が出来て、同時に全ての商品でセラミドを補ってくれます。

  • 肌の保湿成分を過剰に落とさないクレンジングや洗顔
  • 製薬会社品質で優しい成分で出来ていて低刺激
  • ヒト型セラミドを補ってくれる

 

 

これがインナードライの方に評価される理由なんですね。

 

 

関連記事

 

ヒフミドの悪い口コミを大暴露!化粧水が乾燥してしまう理由とは?